2006/10/16

今日の一枚

このエントリーをはてなブックマークに追加
John Mayer Trio "Try!" (2005)

John Mayer がバンドを組んで戻ってきました。それも、ベースは Pino Palladino、ドラムは Steve Jordan という最強のトリオです。トリオですよ、トリオ。

最小限の構成で、最大限の効果を狙ってきました。いやぁ、むちゃくちゃカッコイイじゃないですか。

音は今までの John Mayer のイメージからするとかなりハードです。でも、それは No Such Thing とか Neon のイメージであって、最近の彼の音はハードですよ。

しかし、弾きまくってますね。よくこんなの弾きながら歌えるものです。

それに、みんないい曲なんですよ。Who Did You Think I Was のようなノリノリのロック、Out of Mind のようにブルージーなものまで。I Got Woman なんか Ray Charles よりもいいですよ。Wait Until Tomorrow も Jimi Hendrix と十分タメをはれますね。

やっぱり、一番のお気に入りは Somthing's Missing かなぁ。迷うなぁ。

1 件のコメント:

skrb さんのコメント...

そいうえば、John Mayer の新作の Continuum はまだ買っていないのです。早く買わねば。